基本理念・沿革このページを印刷する - 基本理念・沿革

基本理念

信頼関係を大切にし、地域に根差した良質な医療を提供します

運営方針

  1. 政策医療を中心に、質の高い医療サービスの提供
  2. 患者様の視点に立った、暖かく思いやりのある接遇
  3.  健全な経営基盤の確立
  4. 安心して療養に専念できる快適な環境
  5. 安全管理の徹底
  6. 臨床教育・研修機能・情報発信の充実

沿革

沿革

昭和14年6月12日 傷痍軍人佐賀療養所として発足(300床)
昭和20年12月1日 厚生省移管 国立佐賀療養所(800床)
昭和28年4月23日 伝染病棟(感染症20床)併設
昭和44年4月1日 重症心身障害児(者)施設設置
昭和49年4月1日 国立療養所東佐賀病院に改称
平成10年10月23・24日 糖尿病学会九州地方会主催 会長 院長 谷川 博美
平成11年12月1日 伝染病棟(感染症20床)廃止
第二種感染症指定医療機関に指定 感染症病床4床設置
平成16年4月1日 独立行政法人国立病院機構東佐賀病院に移行
(414床:一般204床・重心160床・結核50床)
平成16年10月2日 健康フェア「第1回健康っ祭」開催
平成19年9月8日 第30回佐賀県救急医学会主催 会長 院長 林 眞夫
平成20年3月8日 第30回九州地区重症心身障害研修会主催 会長 院長 林 眞夫
平成21年2月7日 日本医療マネジメント学会
第8回佐賀支部学術集会主催 会長 副院長 貞松 篤
平成22年11月16日 地域医療支援病院 承認
平成27年3月1日 地域包括ケア病棟(60床)運用開始

位置及び環境

佐賀県東部に位置し、JR長崎本線中原駅の南約1.4Kmの地点にあり、病院及び付近一帯は緑多い丘陵地で、北に背振山をながめ、閑静且つ気候穏和で療養には好適の地であります。

なお、交通はJRのほか、佐賀、鳥栖、久留米各地からのバス便があります。