院内教育このページを印刷する - 院内教育

教育目的

専門職業人としての自覚をもち、自己のキャリア開発を目指して主体的に学習し、エビデンスに基づいた看護活動ができる看護師を育成する。

目標

専門職業人としての自覚をもち、自己のキャリア開発を目指して主体的に学習し、EBMに基づいた看護活動ができる看護師を育成する。
  1. 専門的な知識・技術・態度を習得し、科学的根拠に基づいた看護実践ができる
  2. 高い倫理観に基づき、患者・家族の意思を尊重した良質な看護の提供ができる
  3. 多職種と協働し、自己の役割と責任を果たすことができる
  4. 病院経営に参画し、看護の質の改善に向けた行動ができる
  5. 後輩指導を通し、自己のキャリア形成と自己研鑽ができる 6. 研究的視点を持った看護実践の中から、自己も看護観を深めることができる

方法

  1. 看護職員能力開発プログラムを用いて、ラダーに応じ、到達目標が達成できるように研修を実施する
  2. 当院の診療機能をふまえた専門研修を実施し、看護実践能力の向上をめざす
  3. 研修企画の評価及び看護職員能力開発プログラムに沿って評価を行い、教育研修を修正する

教育の概要

コース名 対象者・到達目標
レベルI ○卒後医年目(新卒看護師)
看護実践に必要な基本的能力を習得する
レベルII a

レベルII b
○レベルI能力到達者及びレベルI能力到達者相当
1) 根拠に基づいた看護を実践する
2) 後輩と共に学習する
レベルIII ○レベルIIb能力到達者及びレベルII能力到達相当
1)個別性を重視した看護を実線する
2) 看護実践者として、後輩に支援的役割を果たせる
○レベルIII能力到達者及びレベルIII能力到達相当
レベルIV 1) 後輩の学習を支援する
2) チームリーダーとしての役割行動がとれる
レベルV ○レベルIV能力到達者及びレベルIV能力相当
専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究的に取り組む
専門コース ○卒後5年以上
左記の専門分野の看護に必要な能力を養う(H30は、休講)
糖尿病看護  
呼吸器看護  
重症心身
(者)看護
 
看護研究 看護実践における研究課題を明確にし、研究のプロセスに基づいて看護研究を行う
集合教育 ○看護職員全員
自己啓発に努め、専門職業人として資質の向上を図る

院外研修

院内教育では学びにくい専門分野の教育参加も積極的に支援しています。

診療看護師研修、専門看護師研修、認定看護師養成課程、医療安全管理者研修、治験研修、専門看護分野研修(糖尿病フットケア研修、HIV研修、災害医療従事者研修、急性期リハビリテーション研修)、退院調整看護師養成研修、中間管理者研修、看護教員研修、実習指導者講習会、エキスパートナース研修(高齢者認知症、感染管理、がん看護、重症心身障がい児(者)看護)、結核予防関係者研修等。